旬楽館 リサイクルショップ「ライト」 チップス


ソフトウェアの部屋 一覧に戻る
投稿番号:100140  投稿日:2002年01月28日 16時21分26秒 パスワード
お名前:マクロン

マクロの削除方法

キーワード:エクセル Excel マクロ
ソフトの種類 :ビジネス

Excel 2000 のワークブックにて、1度マクロを作成し実行しました。
その後、マクロが不要になりましたのでメニューの
 ツール>マクロ>マクロ から削除しました。
ところがファイルを保存後に再びそのワークブックファイルを開くと
「〜はマクロを含んでいます」というダイアログが表示され、
マクロを無効にするか毎回尋ねてくるようになってしまいました。
これを無くしたいのですが、どのようにすればよいでしょうか。

[1]akmさんからのコメント(2002年02月15日 02時09分14秒 )
パスワード
もう解決されていると思いますが念のため。

エクセルを開き、alt+F11でVBAエディターが開きます。
左のほうにあるプロジェクト ウィンドウに『標準モジュール』という名前のフォルダがあると思います。(これがマクロの本体でこれを消さないと最初のダイアログは消せません)

標準モジュールの左に小さい + というものがあるのでそれをクリックすると標準モジュールが展開します。
(おそらく)module1という名称のオブジェクトが作成されていますので、それを右クリックし、「解放」を選んでください。

保存する必要はないと思いますので問い合わせには「いいえ」を選びます。
これでマクロは消えます。

Excelは表計算ソフトとは思えないくらいの機能が満載されています。
VBAを利用すると、仕事で使うソフトの開発も可能です。
メリットは、Excelさえインストールされていれば自作のソフトがどこでも動くということです。
会社のPCでもこれなら問題ありません。

MSの廻し者か私は・・・

     

[2]opendirectさんからのコメント(2002年02月20日 19時51分43秒 )
パスワード
おお...
私も同じトラブルに見舞われていたので、大助かりです!
akmさん、マクロンさんありがとうございます。

と思ったら、Mac版のExcelでは操作が異なるようで、
上手くマクロを削除できませんでした。
まだまだ私は勉強不足ですね...

 【 ソフトウェアの部屋 一覧に戻る


株式会社ムーブ 株式会社三和 チップスサーチエンジン


この投稿に対するコメント
コメント:

HTMLタグは使えません。改行は反映されます。
http://xxx.xxx/xxx/xxx や xxx@xxx.xxx のように記述すると自動的にリンクがはられます。

お名前:(省略不可)
削除用パスワード:(省略不可8文字以内)
メールアドレス:(省略不可)
URLアドレス:
 ホームページをお持ちの方のみ、そのURLアドレスを記入してください。



チップス

Copyright(C) 2000 Tips. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.20 by Rapha.