音楽の部屋一覧に戻る
投稿番号:40017 投稿日:1999年10月01日 20時25分16秒  パスワード
お名前:ざざ
 

いまどきのポップ

キーワード:フォーク・インプロージョン ゴメス

コメントの種類:洋楽


先月買ったCDは、当たりがいっぱいでした。
中から、自分流の"いまどきのポップ"が鳴ってるヤツをレヴューしてみます。
(でも"いまどきの音"って本当はどんなんだろか?)

 『フォーク・インプロージョン /ワン・パート・ララバイ』
"ローファイなベック"と表現したら良いのか。そんな音がぎっしり詰まって
る。地味だけど、その分メロディーが際立ってて泣けます。
売れないだろうけど、最近一番のお気に入り。

 『ゴメス /リキッド・スキン』
2曲目聴いたら倒れそうになった。間の抜けたバンド名とは裏腹に、とんで
もない音出してる。枯れたダミ声でカントリー調をベースにして、ドラムン
ベースにサイケを織り交ぜて凄い事になってます(でもポップ)。
メンバーはまだ22才だってのが信じられない。

 『ステレオラブ /ミルキーウェイ』
この音は、スタイリッシュでクールでオリジナル、と表現すればいいのかなぁ。
聴いてると、音響の迷路に誘い込まれてるような不思議な感覚で満たされて
来る、そんな1枚。相変わらず、ジョン・マッケンタイアの関わる音はに素晴ら
しいっす!

こーやって聴いてみると、ざざ風"いまどき"の所以は、巧妙なリズムワーク
とヒネたメロディーかなぁ。そんな気がしてます。
(初めての連投で緊張気味っす(笑))


ちゃまさんからのコメント(1999年10月31日 14時21分56秒)
           パスワード

『ゴメス』『ステレオラブ』は聴きました。
『フォーク・インプロージョン』はよく知りませんが、"ローファイなベック"ということだったら...
3枚ともたそがれてません?

『ゴメス』とそれから『ベータバンド』はいかにも、ざざさんが好きそうな音ですね。


それから、
『ステレオラブ』と『ハイラマズ』の新譜を続けて聴くと、
社会適応能力が無くなるので注意!
って、さっきFMで言ってました。わかる気がする。

『ハイラマズ』のCDの帯に、小山田君とシティボーイズのきたろうが推薦文を書いてますよね。
小山田君の推薦文は、「ハイラマズは熱海の温泉旅館みたい」でしたっけ。それはあんまりだなー(でも座布団一枚っ)



ざざさんからのコメント(1999年11月02日 12時40分24秒)
           パスワード

ポップはタソガレ系を基本にしてます。何せ始めて聴いた洋楽が、リアルタイムの"ホテルカリフォルニア"
ですから。大きくなっても染み付いてますよ。

ベータバンドのアルバムは、あまりにまとまり無いですねー。でもその混沌が新しいものを産み落とす前
のような気配がするんです。次作に期待を込めて押してます。
彼等の前作(シングル集3EP'S)は文句無く良いです。

『ステレオラブ』と『ハイラマズ』を続けては聴いてないっす。今度、やってみよ、休みの日に。
ところで、どちらも時の人、"ジム・オルーク"と"ジョン・マッケンタイア"がらみですね。
この人たち、働き過ぎっすよ! 

『ハイラマズ』は買ってから1枚通しで聴いた事無いなぁ。だいだいM8〜11の辺りで心地よーく眠ってる。
ステレオラヴに比べ緊張感無い音ですよね。でも、一音一音は鮮明に聞こえて、小山田氏のコメン
ト"根性入れてリラックス"ってのは分かるなぁ。



この投稿に対するコメント

コメント:HTMLタグは使えません。改行は反映されます。


お名前:(省略不可)

削除用パスワード:(省略不可8文字以内)

メールアドレス:(省略不可)

URLアドレス:
 ホームページをお持ちの方のみ、そのURLアドレスを記入してください。



Copyright(C) 2000 Tips. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.10