音楽の部屋一覧に戻る
投稿番号:47830 投稿日:2000年04月05日 23時23分43秒  パスワード
お名前:サーパンス
 

お勧めアルバムおしえてください。

キーワード:最近のお勧めアルバム

コメントの種類:洋楽


みなさんこんばんは。

最近、音楽鑑賞からいまいち遠のいています。
昔は、毎日家にいるときはずっと音楽聞いてたのに。
昔はBURRN!を読んでおりました。

年度末の鬼のような忙しい仕事が終わり、会社からちょっぴり
臨時ボーナスが出たんで、久しぶりにCDでも買おうかと思い
立ちました。
最近のおすすめアルバム、なんてありますでしょうか。
最近のでなくても、これはいいよってのがあれば教えてください。
感想など聞かせていただければうれしいです。

参考に、私はロック好きで、こんなのを好んで聞いてました。
ビートルズ、ZZTOP、VANHALEN、ガンズ&ローゼス、デビッドリーロス、
パール・ジャム、ブラッククロウズ、アラニス・モリセット、レッチリ
ストーンテンプルパイロッツなどなど・・・(他にもあるけど・・・)
#こうやって見るとフツーですね。


サーパンスさんからのコメント(2000年04月06日 00時25分21秒)
           パスワード

現在は、もっぱらラジオでかかった曲で「イイな」と思ったものをメモして、
機会があればCDを購入してます。
アラニス・モリセット、ストーンテンプルパイロッツなんかがそれでした。

周りに洋楽聞く人は少ないです。

ロビンさんからのコメント(2000年04月06日 00時39分45秒)
           パスワード

昔のですが、
チープ・トリックの「In Color」はいいですよ。
ややポップなのですが、毎日聞いてます。
ロビン・ザンダーって、男前ですよね。

サーパンスさんからのコメント(2000年04月06日 00時56分22秒)
           パスワード

おお、Cheap Trickですか。

InColorは名盤ですね。実はCD持ってます。
私も高校生くらいの頃、毎日聞いていました。
Hellow ThereとClock Strikes Tenはバンドでやったこともあります。
ロビンザンダーは男前で、歌がうまいですよね。
ギターのリック・ニールセンもイイ味出してました。

私的には、CheapTrickのフェイバリットはスレンダーです
初めて買ったLPレコードなので、思い入れがあります。

zepyさんからのコメント(2000年04月06日 01時09分29秒)
           パスワード

好んで聴いてたのを見たところ、
プライマル・スクリームの最新作『エクスターミネーター』が
宜しいかと。
サイトの宣伝も兼ねてるんですが・・・(^^;
あとは、私のサイトのレビューを見ていただけると・・・。

サーパンスさんからのコメント(2000年04月06日 07時25分14秒)
           パスワード

おお、プライマル・スクリームですか。

プライマル・スクリームについてはあまり詳しくないのですが、1stを
聞かせてもらったことはあります。結構好きな感じでした。

後輩が「プライマル・スクリームの最新作『エクスターミネーター』いいっすよ。」
と言っていたので、気になる一枚ではありました。買ってみようかな。

zepyさんのサイトもこれから見に行きます。
ありがとうございます。

デビッドさんからのコメント(2000年04月06日 08時21分36秒)
           パスワード

最新で無いけど、イギー・ポップ「アメリカン・シーザー」
昔のイギーとはちょっと違うけど、曲が、良いですよ。

あと、昔のですがデビットボウイ「ジギー・スターダスト」も良いです。
名曲「サフラゲット・シティ」は必聴!

サーパンスさんからのコメント(2000年04月06日 12時25分11秒)
           パスワード

早速zepyさんのサイト拝見いたしました。
というか仕事中なのでブックマークしました。後でユックリ見ます。
プリンスやジェフ・ベック好きなんですか。ウチにもあったなあ。

アメリカン・シーザーは良いですね。これ、持ってます。
イギー・ポップのLIVEは5〜6年前(だっけ?)生で見たことがあります。
最前列でイギーのアタマをわしづかみにしてしまいました。(笑)ごめんなさい。
(その前作ブリックバイブリックでがっかりしたものですが。)
昔からすると変わりましたね。体も鍛えてるみたいだし。今頃何やってんでしょうか。

デビッドボウイはベスト版があります。サフラゲットシティーも入ってます。
個人的に好きなのは「ヒーローズ」というベルリンの壁を歌った曲。

購入する一枚は決めてます。
ひょんな事から思い出した、
GUNS 'N' ROSES 「アペタイトフォーディストラクション」
紛失したりぼろぼろになったりで、実は今度で購入4回目。

サーパンスさんからのコメント(2000年04月06日 12時27分40秒)
           パスワード

訂正。
>購入する一枚は決めてます。

何枚か購入する中の一枚は決めてます。

ざざさんからのコメント(2000年04月06日 12時29分06秒)
           パスワード

zepyさん>プライマル・スクリームの最新作『エクスターミネーター』が
  宜しいかと。

プライマルが気に入れば、続いて一門のエイジアン・ダブ・ファウンデーション
の新作『コミュニティー・ミュージック』もオススメですよ。

サーパンスさんからのコメント(2000年04月06日 12時34分25秒)
           パスワード

ざざさん、コメントありがとうございます。

プライマルのデビュー版はそこそこ気に入ったのですが、新盤は聴いたことないから
どうでしょうね。試聴盤があれば良いのですが。

エイジアン・ダブ・ファウンデーションの新作『コミュニティー・ミュージック』も、
しっかりメモっときます。ありがとうございます。

私的には、ゴリゴリの生っぽいアナログな音が大好きですね。
しかし、色々聴きます。

最近の邦版で良かったのは椎名林檎「罪と罰」。カミさんが買いました。

KORNさんからのコメント(2000年04月06日 21時22分01秒)
           パスワード

サーパンスさん、(あらためて)こんにちは!
デーブさんの居酒屋から来ましたよ。心置きなく語りましょうか(笑)

最近、ガンズのこと知ってる人があまりいないので寂しい思いをしていました。
やっぱり、『APPETITE FOR DESTRUCTION』は名盤ですね。(しみじみ)
さて、ガンズの現時点でのメンバー構成ですが、

Vo: W・アクセル・ローズ
G: デイヴ・ナヴァロ(元レッチリ)
G: ポール・トビアス(アクセルの幼なじみらしい…スラッシュ曰く「へたくそ」とのこと)
B: トミー・スチィンソン(元リプレイスメンツらしい)
K: ディジー・リード(第二期ガンズからの唯一の生き残り)
D: ジョッシュ・フリース(元ヴァンダルスらしい)

となっております。これってガンズなの?と言いたくなりますが、
何はともあれ今度こそ本当に動き出しそうなので、ひとまず見守りたいですね。
・・・と、思っていたら、最近ドラムのジョッシュが脱退したそうです(涙)ありゃりゃ。
もうこうなったらとことん待ちます。アクセルの声にはそれだけの価値がある。

しかし、オリジナルメンバーでもう一回やってくれないかなあ。
あのメンバーが作り出すリアル・ロックンロールはまさしく“奇跡”でした。
ガンズのビートって独特なんですよね。
頭を振ったり、体を動かしたくなるロックはたくさんありますけど、
ガンズの場合“腰”が動き出すんだよな〜〜(特に『Rocket Queen』なんか)
『Rocket Queen』といえば、間奏のときの「アノ声」ですが、本当にスタジオに
女の子連れ込んでヤッちゃったらしいですね(苦笑)。それを録音したんだとか。
う〜む、素晴らしい。
あの曲、終盤曲調が一転してアクセルが今まで自分を支えてくれた友人たちに
語りかける歌詞になりますが、何度聴いても泣けますね!
“奇跡のアルバム”のラストを飾るにふさわしい名曲です。

・・・話は変って、
ガンズ以外でお薦めのアルバムですが、最近聴いたなかで良かったのは
RAGE AGAINST THE MACHINEの『The Battle Of Los Angeles』かな。

サーパンスさんの趣味とはちょっと違うかもしれませんが、ロックにおける
最新の進化型の一つ、という意味でも聴いてみる価値はあると思います。
とにかく全編緊張感に溢れていて、理屈抜きにカッコイイです。
ロックのスピリットに溢れています。

RAGE AGAINST THE MACHINEは今まで3枚のアルバムを出しているんですけど、
どれも名盤でハズレ無しです。

KORNさんからのコメント(2000年04月06日 21時34分23秒)
           パスワード

>GUNS 'N' ROSES 「アペタイトフォーディストラクション」
>紛失したりぼろぼろになったりで、実は今度で購入4回目。

ま、負けた〜〜、私は3枚目です(笑)

>私的には、ゴリゴリの生っぽいアナログな音が大好きですね。
>しかし、色々聴きます。

う〜ん、わかります、わかります。私もそうです。
それならば、やっぱりRAGE AGAINST THE MACHINEはお勧めです。
信じられないけど、あれ全部楽器だけの生演奏だもんなあ。


サーパンスさんからのコメント(2000年04月06日 23時00分12秒)
           パスワード

KORNさん、コメントありがとうございます。
なんだかうれしいなあ。

新リードギターはデイヴ・ナヴァロですか。レッチリのワン・ホット・
ミニットのギターの音は線が太くて好きなので、こりゃ期待してもいいのかな。
G: ポール・トビアス
B: トミー・スチィンソン
K: ディジー・リード
D: ジョッシュ・フリース
・・・みんな知らないです。

>これってガンズなの?
未知数ですが、期待しましょう。
しかし、アクセルローズ&その他数人ズみたいになったら嫌ですね。
アクセルには、メンバーと仲良くして欲しいものです。

>アクセルの声にはそれだけの価値がある。
高音モードは裏声だと言う話を聞いたことがあります。
小さい頃聞いてた「ひらけ!ぽんきっき」で流れていた
Nazarethの(曲はExpect No Mercyでしたっけ?)影響を
少なからず受けたそうです。(ぽんきっきは選曲が渋い)

『Rocket Queen』
フィーリングで聞くものなので分析みたいなことは嫌いですが、
イントロとブレイクが絶妙ですね。ドラムのオカズも、当時の
ドラマーの手癖がもろに出ています。(私は元ドラマーです)
一言でいうと、聴くと燃えます。

>RAGE AGAINST THE MACHINEの『The Battle Of Los Angeles』
これは有無を言わず買います。ありがとうございます。
うふふ。たのしみだなー。

CDって購入が難しいですよね。ジャケ買いすると失敗が多いし、
昔好きだったアーティストの新譜を買うと違う路線になってたり
聞いた事無いのは買うの怖いし・・・

サーパンスさんからのコメント(2000年04月06日 23時55分58秒)
           パスワード

GUNS 'N' ROSES 「アペタイトフォーディストラクション」
購入しようと思い立ったのは、KORNさんのおかげです。
あのとき、忘れかけてたParadice Cityのイントロが、頭に浮かびました。
しかし、今日CD屋に行ったら、置いてなかったです。また行こ。

ちょっと話が変わりますが、椎名林檎って、最初は全く聴く気ありませんでした。
「ああ、アラニスモリセットもどき」って感じでしたが、聴く機会があってちゃんと
聴いてみると、いいんですねこれが。バックの演奏も、すばらしくかっこいい。
看護婦のコスプレもナイス。(笑)

サーパンスさんからのコメント(2000年04月07日 00時00分56秒)
           パスワード

誤りがありました。

>最近の邦版で良かったのは椎名林檎「罪と罰」。カミさんが買いました。
「勝訴ストリップ」でした。
しかしすごいタイトルですな。

とっどさんからのコメント(2000年04月07日 11時52分21秒)
           パスワード

はじめまして、サーパンスさん。

ぼくはオールド・ロックが守備範囲でして、新譜関連となると心もとないのですが・・・
最近発売されたザ・フーの『BBCセッション』が最高でした。
60年代ロックのマジカルな衝撃に満ち溢れた傑作です。

ビートルズも聴いていらっしゃったとのことですが、
彼らの「新作」、『イエローサブマリン』デジタルリマスター盤も出てるんですよね。
驚くべき音の抜けの良さ、らしいのですが、
アナログのモコモコしたサウンドに慣れ親しんだ世代としては、どうかなとも思います。
機会があれば買ってみようとは思ってるんですが・・・
 
『勝訴ストリップ』はぼくも買いました。大変気に入って聞いてます。
前作『無罪モラトリアム』はさらにいいですよ!去年聴いたロックのCDの中でも、
衝撃度はナンバー1でしたよ、いやはや。

サーパンスさんからのコメント(2000年04月07日 21時21分56秒)
           パスワード

とっどさん、コメントどうもありがとうございます。

おお、ザ・フーですか。
思い出話になりますが、二十位の頃、山の中に2〜3週間、出張でこもることがあったのですが、
一番厳しい時期にザ・フーの「マイ・ジェネレーション」を持っていってたので、聴くと今でも
山の中のつらかったけどくじけなかった事を思い出します(笑)。娯楽はこれだけでした。
「BBCセッション」も、ぜひ、候補に入れたいと思います。
これは・・・LIVE版ですか?

イエローサブマリンって、ぽんきっきで流れてました。(笑)
ビートルズは、実はバンドの皆さんと演っていました。
You Can't Do That、Dizzy Miss Lizzy、Helter Skelterあたりを
よく練習しましたね。

「無罪モラトリアム」は、持っております。(カミさんが)
椎名林檎って、なんだか力強さ感じますね。歌詞も好きです。

サーパンスさんからのコメント(2000年04月07日 22時20分44秒)
           パスワード

過去ログ見てみたのですが、ジョニーラング、レイジ、KORNっていうのを見かけました。
これは皆さん好きな人が多いようなのですが、どのような感じなのでしょう。
よろしければ、だれか教えていただけませんか。

zepyさんからのコメント(2000年04月08日 00時56分27秒)
           パスワード

>とっどさん、
ビートルズの『イエローサブマリン・ソングトラック』ですね!
中期ビートルズのベスト盤的な選曲で、音のクリアさは
とても30数年前とは信じられない驚愕の内容です!
是非、一聴してみて下さい。
これで『アビーロード』出して欲しいなあ。

で、古いロックから1枚選ばせてもらうと、
ウィッシュボーン・アッシュの『アーガス』。
ツインリードギターの魅力が炸裂した
ブリティッシュロックの大名盤です。

ガンズは私も大好き(でした)・・・。
特に、アドレナリン大爆発のファーストアルバムは
ホント衝撃でしたねぇ。

KORNさんからのコメント(2000年04月08日 11時19分42秒)
           パスワード

>ドラマーの手癖がもろに出ています。(私は元ドラマーです)

サーパンスさん、元ドラマーなんですか。カッコ良いなあ…
私は元聖歌隊です(あまりカッコ良くない)。
声楽のトレーニングは受けましたが、ドラムは絶対に叩けません。
両手両足を別々に動かせる人は尊敬します。
しかし、アクセルも元聖歌隊員だしな…共通点が無くもないか(笑)

>最近の邦版で良かったのは椎名林檎

実は私も最近、林檎姫に惹かれてます。私が邦楽の、しかも女性ヴォーカル
に惹かれるなんて前代未聞なんですが、『勝訴ストリップ』聴いてみようかと
思っています。でもとっどさんが『無罪モラトリアム』勧めてるから、そっち
にしてみようかな。

KORNさんからのコメント(2000年04月08日 11時22分36秒)
           パスワード

>過去ログ見てみたのですが、ジョニーラング、レイジ、KORNっていうのを見かけました。
>これは皆さん好きな人が多いようなのですが、どのような感じなのでしょう。

では、私の得意分野のレイジとKOЯNについて。
この両バンドは今やトレンドの“ミクスチャー系”の両巨頭なわけですが、まずはレイジから。
(RAGEっていうバンドもありますが、たぶんRAGE AGAINST THE MACHINEのことですよね)
RAGE AGAINST THE MACHINE(以下レイジ)の音楽はパンク+ヒップホップ+
ファンク+ハードロックというような感じでしょうか。
(言葉で説明するのは難しい…)

トム・モレロの超絶ギターと、ザック・デ・ラ・ロッチャのハードコア・ラップが
売りですね。(リズム隊もタイトで抜群に上手い)。レイジの曲からはスクラッチ音
や、謎のキーボード音(?)はたまたハーモニカの音まで聞こえてきますが、これら
は全てトムがギター1本で出しています。彼らはサンプリングやキーボードを一切
使わないのが信条なので、すべて生です。

またトムはハーバード大学政治学科を主席で卒業するほどの秀才で、バンドも政治活動
の一環として行っているようです。トムもザックも両親が政治運動家らしいので、歌詞
なんかにも強烈にその影響が現れていますし、実際色々な政治活動も行っています。
歌詞と自分たちの行動が完全に一致しているバンドですね。

まあ、そんな難しいことは置いといても、彼らの音楽は理屈抜きにカッコイイ。
だから世界であれほど多くの支持を得ているのでしょう。
KOЯNと並び、現在ビルボードで1位が取れる数少ないロックバンドのひとつです。
彼らが今まで出したアルバムは3枚で、
@『RAGE AGAINST THE MACHINE』
A『EVIL EMPIRE』
B『THE BATTLE OF LOS ANGELS』
です。どれを選んでもハズレはないと思います。
@ のアルバムジャケット(燃える僧侶)は強烈で、私は思わず衝動買いしたのですが、
内容も同じくらい強烈で、それ以来すっかりファンになっちゃいました。


続いてKOЯNですが、私のHNからもわかるように個人的には最近の一番のお気に入り
です。(あんなにビッグになるとは思わなかったけど…)
現在のアメリカのロックシーンを代表するバンドといっても過言ではないでしょう。
音楽的にはひたすらヘヴィでダーク、情念の塊のような音を出しています。

ツイン7弦ギターのヘヴィリフ、変則的なドラム、あと個人的にはベースの音に
物凄く特徴があると思うのですが、言葉では上手く説明できません。
一度聴いたら絶対忘れられない音ですね。
しかし何と言ってもKOЯN最大の聴き所は、ジョナサン・デイヴィスの圧倒的な
ヴォーカルでしょう。彼は幼いころから父親や義理の母親から虐待を受け続け、
人生の虚無を見据える為に、死体解剖の仕事をしていたという壮絶な経歴の持ち主
です。まるで己のトラウマから逃れる為に歌を吐き出しているかのようです。
しかし、今の日本では絶対メジャーにはならないタイプの音楽ですね。私も何人かの
友人にKOЯNを勧めてみたのですが、皆さん「理解不能」とのことでした(涙)

KOЯNのアルバムは
@『KOЯN』
A『LIFE IS PEACY』
B『FOLLOW THE LEADER』
C『ISSUES』
の4枚です。ファンの間では1st派と3rd派に大きく分かれるようで、
前者はメタル寄りの人、後者はヒップホップ寄りの人が多いみたいです。
私は1st派で、あのアルバムを最初に聴いた時は後頭部をブッ叩かれた
ような衝撃を受けました。音がヘヴィというより精神的にヘヴィです。
最終曲の『DADDY』は自分を虐待した父親のことを歌っているのですが、
曲の最後でジョナサンは泣き出してしまいます。ヴォーカリストの嗚咽で終わる
アルバムなんて前代未聞でしょう。
(そのときのレコーディングの様子はビデオで観ることが出来るのですが、壮絶の一言です)

私の知る中で、最も「ヘヴィな」アルバムですね。
しかし、どのアルバムも聴き終わった後不思議な浮遊感のようなものを感じます。
私にとっては最高の“癒し系”ミュージックなんですけど・・・私が変なのかな(笑)

この話題は語りだすと止まらないので、この辺にしておきます(笑)

サーパンスさんからのコメント(2000年04月08日 12時19分12秒)
           パスワード

今日、CD屋へゴー!
KORNさん、zepyさん、詳細なご説明、大変感謝いたします。
とても参考になり、かつレイジとKORNに興味が沸いてきました。

まずは、このあたりを狙ってみます。
GUNS 'N' ROSES
 ・『アペタイトフォーディストラクション』
ザ・フー
 ・『BBCセッション』
RAGE AGAINST THE MACHINE
 ・『RAGE AGAINST THE MACHINE』
 ・『EVIL EMPIRE』
 ・『THE BATTLE OF LOS ANGELS』
KOЯN
 ・『KOЯN』
 ・『LIFE IS PEACY』
 ・『FOLLOW THE LEADER』
 ・『ISSUES』
プライマル・スクリーム
 ・『エクスターミネーター』
エイジアン・ダブ・ファウンデーション
 ・『コミュニティー・ミュージック』

なんかお気に入りで紛失してるのが何枚かあると思ったら、そういえば3年ほど前
車上あらしにCDチェンジャーごともって行かれたんだっけ・・・(12枚も・・・)
返せー!バカー!

・・・失礼しました。
聴いてみたら、感想を書き込んで見ますね。
本当にありがとうございます。

とっどさんからのコメント(2000年04月08日 14時35分11秒)
           パスワード

ザ・フーの『BBCセッションズ』は、60年代中期に彼らが英国国営放送BBCのラジオ番組用に
残した貴重なライヴ音源集です。初期の代表曲はほとんど演ってます。
ドラマーのサーパンスさんなら、キース・ムーンの爆裂プレイに鳥肌立ちますよ、きっと。
余談ですが、同様の音源は、この時期のイギリスの主要グループのものが数多く残されているはず。
ビートルズ、ストーンズ、ヤードバーズ、アニマルズ、トラフィック、ジミヘン、
ピンク・フロイドなどなど・・・リリースが待たれます。

ぼくもレイジのかっこよさを、KORNさんに教えてもらったクチなんです。
『THE BATTLE OF LOS ANGELS』は、可能な限りの大音量で聴くことをおすすめします。
映画『マトリックス』のラストでも流れています。絶妙なセレクションですねー!



zepyさん>『アビーロード』で・・・

個人的には『リボルバー』や『ホワイトアルバム』を死ぬほど愛しているので、
この辺を聴いてみたいなあ。
いずれ、『イエローサブマリン』は早速聴いてみます!
ウィッシュボーン・アッシュは不勉強ながら未聴でした。国内盤CDは出てますか?
ユーライア・ヒープみたいな感じでしょうか?

KORNさん、ごぶさたしてます!
『無罪モラトリアム』、デビュー盤にして彼女の最高傑作ではないかとさえ思えるほどの出来栄えです。
突出した個性を支えるバックのプロダクションが、また洋楽ファンをも唸らせるほどの
カッコよさなんですよ!ぜひご一聴あれ!
ぼくはレンタルで済まそうと思ってたんですが、結局買っちゃいました。


サーパンスさんからのコメント(2000年04月08日 21時40分08秒)
           パスワード

皆さんこんばんは。
今日、早速CD屋にてCDを購入してまいりました。計7枚。
それぞれ1回しか聴いてないので、第一印象くらいしか書けませんが。

GUNS 'N' ROSES
 ・『アペタイトフォーディストラクション』
 懐かしいですね。ホッとします。
 やはりこれは大好きです。

ザ・フー
 ・『BBCセッション』
 これはめっけもんでした。いやー、いいです。
 いわゆる生演奏ですね。元気なキース・ムーンのアニマルぶりもいい。
 好きな「Dancing In The Street」が入っているのには感激。
 ちなみに私はVAN HALENの『DIVER DOWN』に収録されてるバージョンが好きです。

RAGE AGAINST THE MACHINE
 ・『RAGE AGAINST THE MACHINE』
 ・『THE BATTLE OF LOS ANGELS』
 ファンキーでハードなヒップホップという感じ。聴いて違和感は無いです。
 こういう音、好きです。もっと聴きこみたい2枚です。
 『RAGE AGAINST THE MACHINE』のジャケットは、強烈ですね。

KOЯN
 ・『KOЯN』
 これは、ヘビーですね。今は理解できてません。聴きこむしかありません。
 メタル色強いですね。

プライマル・スクリーム
 ・『エクスターミネーター』
 私にとっては、作りこみすぎた嫌いがありました。うーむ。

Sugar Ray
 ・『Lemonade and Brownies』
 Sugar Rayの1Stアルバムです。
 前に一度友人に薦められたので購入しました。
 色んな要素が入っているようです。かっこいいですよ。


皆さんのおかげで、こんなに買えてしまいました。
ありがとうございました。


とっどさん
>突出した個性を支えるバックのプロダクションが、また洋楽ファンをも唸らせるほどの
>カッコよさなんですよ!ぜひご一聴あれ!
全く同感です。アレだけでも聴けるほどですよね。

RAGE AGAINST THE MACHINEを聴いていて、パラッパラッパーを思い出しました。
オニオンマスターの曲って、名曲ですよね。

zepyさんからのコメント(2000年04月09日 01時44分03秒)
           パスワード

サーパンスさん、凄〜い。7枚も買ったんですね。
このようにレスがあると紹介しがいがあるます。
今、気が付いたんですが元ドラマーなんですか。
それでは、ドラマー向けのアルバムですが、

インストのハードプログレもので、
ブランドXの76年の『UNORTHODOX BEHAVIOUR』が最高です。
フィル・コリンズのドラムは凄すぎる、パーシー・ジョーンズのベースも!

もう1枚、コラシアムUの『エレクトリック・サヴェージ』。
ジョン・ハイズマンの豪快なドラムとゲイリー・ムーアの華麗なギターが
聴きモノのハード・インスト・フュージョンロック。

あ、とっどさん。
ウィッシュボーン・アッシュはユーライア・ヒープとは
近いような感じもするけど似てないと思います。
W・アッシュの方がより、正統派ブリティッシュロックです(笑)
私の中ではブリティッシュロックというと真っ先に出てくるのがこのバンド。
ツインリード体制のバンドは数あれど、メロディの美しさでは断然W・アッシュ!
特に『アーガス』はグラミー賞も獲得した、全てのブリティッシュロックファンが
気に入るはずの不朽の名盤です。

サーパンスさんからのコメント(2000年04月09日 10時54分24秒)
           パスワード

zepyさん、コメントありがとうございます。

ブランドXですか。これは、よく知りません。
フィル・コリンズは知っています。インビジブル・タッチが売れましたよね。
十数年前、MTVやナイトジャックFUKUOKAに出てたような気がします。
髪の薄い方ですよね。(失礼)

コラシアム・・・知りません。
ゲイリームーアはかろうじて知っております(友人がソロアルバム持っていました)
ハード・インスト・フュージョンロックですか。よろしいですなあ。

またCD屋に行く機会があれば、狙ってみます。

スーパーバンドですか。
私的には、デイヴ・リー・ロスバンドを忘れることはできませんね。
Vo:デイヴ・リー・ロス
G:スティーブ・ヴァイ
B:ビリー・シーン
D:グレッグ・ビソネット
Yankee Roseのプロモは衝撃的でした。MTV録画して何百回見たか・・・。
それぞれのプレイヤーも、「超」凄腕でした。

サーパンスさんからのコメント(2000年04月09日 23時14分40秒)
           パスワード

こんばんは。

今、RAGE AGAINST THE MACHINEの『RAGE AGAINST THE MACHINE』を
聴いております。じっくり聴きこみ中です。
ウヒヒ。ウヘヘ。やばいです。じわじわボディーブローのようにはまってきました。

ハードでファンキーなレッチリあたりに少々通ずるものがありますね。
随所に古き良きハードロックの要素が見え隠れしていて、思わず「ニヤ」としてしまいます。
リズム隊もタイト。Gもハード。いやー、いいですねコレ。
それにしても、ザック・デ・ラ・ロッチャって、しゃれた名前だなぁ。

ここで相談してみて、良かったです!
みなさん、どうもありがとうございました。

あと、詳しい方多いんですね。洋楽の話しなんて普段あまりしないんです。
またこちらをのぞいてみます。楽しかったなぁ。



この投稿に対するコメント

コメント:HTMLタグは使えません。改行は反映されます。


お名前:(省略不可)

削除用パスワード:(省略不可8文字以内)

メールアドレス:(省略不可)

URLアドレス:
 ホームページをお持ちの方のみ、そのURLアドレスを記入してください。



Copyright(C) 2000 Tips. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.10