株式会社 大津屋 裁判を正す会 中国サンネット


Winユーザの部屋 一覧に戻る
投稿番号:101334  投稿日:2001年07月15日 21時27分52秒 パスワード
お名前:さやか

PV?Athlon?どちらがいいんでしょうか?

キーワード:PV Athlon
コメントの種類 :CPU

みなさん、はじめまして。

エプソンダイレクトからPCを購入しようと思っています。
それで、PVにしようか、Athlonにしようか悩んでいます。

用途はWeb、デジカメのレタッチ、ワープロ、表計算、など。
ゲームはしません。
あと、DVDを使用します(映画ではなく、音楽DVDの鑑賞)

PVの方が安定している・・・と聞きましたが、どうなんでしょうか?
PVとAthlonのどちらがいいか(どちらが好みか)を単純に聞かせて下さい。
あっ、マシンのスペックは以下の通りです
(知人のアドバイスを元に選んでみました)

・ CPU Athlon 1.3GHz (Pro720L)      
・ ビデオ SPECTRA F11 PE32 32MB AGP (Pro720L)      
・ メモリ PC133対応SDRAM 128MB(128MBX1)(Pro720L)
・ HDD 40GB(Ultra ATA)
・ CD-ROM コンボドライブ(CD-R/RW&DVD-ROM)
・ サウンドボード SB LIVE! Value(PCI) \4,500 1 \4,500

・ CPU Pentium III 1GHz (Pro620L)      
・ ビデオボード SPECTRA F11 PE32 32MB AGP (Pro620L)          
・ メモリ PC133対応SDRAM 128MB(128MBX1)(Pro620L)
・ HDD 40GB(Ultra ATA)
・ CD-ROM コンボドライブ(CD-R/RW&DVD-ROM)
・ サウンド機能 SB LIVE! Value(PCI)

PCに詳しいみなさんなら、どちらを選びますか?  

[1]PIPPIさんからのコメント(2001年07月15日 23時17分15秒 )
パスワード
あくまでも、個人的な趣味で回答をします(なので突っ込まないで下さい)

Athlon/PentiumIII どちらでも問題ないと思います。
私自身が使うなら,Athlon、人に勧めるならPentiumIIIです。
あとは,レタッチをするということですので、メモリは増設した方が
良いと思います。

[2]さやかさんからのコメント(2001年07月15日 23時42分38秒 )
パスワード
To PIPPIさん
>私自身が使うなら,Athlon、人に勧めるならPentiumIIIです
根拠を教えて下さい。安定性の問題ですか?

[3]ぷ〜さんからのコメント(2001年07月16日 00時30分26秒 )
パスワード
こんばんは
最近は、Athlonでも以前と比べるとかなり相性による動かない等はなくなってきているようです。
ですので、安定度ではAthlonでもPen!!!でも殆ど変わりません。
次に、性能はどんなアプリを使うかによって変わります。
Pen!!!のSSEを使うアプリならAthlonより性能が上がる事が多いです。
逆にEnhanced 3DNow!を使うアプリならAthlonの方が上になります。
例えば、Windows Media Encoder 7.1はSSEに対応なのでPen!!!の方が早いです。
しかし、こういう独自の命令を使うのはマルチメディア系のアプリの場合が殆どです。
Excelとかのアプリの場合は独自の命令を使うのはまずありません。
この場合だとAthlonの方が上です。
クロック的にも上ですしベンチでも上ですので・・・
それでは

[4]aaaさんからのコメント(2001年07月16日 01時57分10秒 )
パスワード
Pentium III に一票

Athlonじゃキャプチャーできないから。
後でPentium III 1GHz とマザーボードを買ってきて手軽にDualCPUができるから。

[5]保守人間さんからのコメント(2001年07月16日 06時39分57秒 )
本人によりコメントは削除されました。 2001年07月16日 06時40分31秒

[6]保守人間さんからのコメント(2001年07月16日 06時42分00秒 )
パスワード
私の場合、PentiumVをおすすめします。
さやかさんの使用用途にはありませんが、DVをしたりUSB-MIDIやDIGITALAUDIOなど
の周辺機器を動作させる場合、インテルチップセットが絶対であることはあまりにも有名です。
ここで、重要なことはインテルチップセットであれば、それが理由による動作不具合
に遭うことがほとんどないという事実です。昔は例えばAthlonのような互換CPUの環境はインテル環境よリスクがあると言われたものです。
Athlonの場合、ソフト的に100%近い互換性があっても、ハードウェア的には完全な別物であるということがあります。当然、その周辺を制御する回路に始まってチップセットも異なりますし、それぞれのドライバレベルでも性能の必要な部分や、特定の構造に対する依存度の高い部分では、本家とまったく同一の動作を可能にしているわけではありません。
これは、ソフトウェアから見た場合、そのように振舞ってくれればOKなのですが…

[7]PIPPIさんからのコメント(2001年07月16日 07時42分35秒 )
パスワード
>>私自身が使うなら,Athlon、人に勧めるならPentiumIIIです
>根拠を教えて下さい。安定性の問題ですか?

理由は、
他人に勧める場合----ソフトの中にはIntel互換CPUでの動作を保証していないものが
          あります(動かないというわけではありません)--これは一般論です。
          ハードウェアを増設する場合でも、Intelチップセットが条件
          となっている場合が多い。
          この場合に質問されるのを避けたい。
          また、Athlonの方が消費電力が多くなる(=熱い)ため、それを
          嫌う人も多いためです。
自分で使用する場合--(自分の用途では)Athlonの方が速いから(単にこれだけです)

[8]xyzさんからのコメント(2001年07月16日 11時01分53秒 )
パスワード
別に上に書いてある使用用途程度なら、性能を議論するのは的外れ。
安定性を気にしているようなので、安定性に関して書かせてもらえば、intelです。

AMDは、intelの10%程度の資本力しかない企業です(資本=会社規模)。
そのため、AMDはCPU以外の物を他のメーカーに依存せざるを得ません。
他のメーカーがしっかりしてくれていれば問題ないのですが、安定動作を期待できるのはSiSのみです。

intelは、非常に厳密な調査をしています。
資本がAMDの10倍もあるので、開発にまわせる資金や人材がまるで違います。
製品供給能力も桁違いに多く、真面目に勝負が出来ると考えるほうが間違いです。
それは、サーバ用途にAMDが入れない事実が全てを物語っています。

[9]jetaさんからのコメント(2001年07月17日 00時24分22秒 )
パスワード
迷ってるならおとなしくIntelにしたほうがいいと思います。 無難です。
あと、書いてないけどOSは2000お勧め(×ME、△98)。
メモリも増設。(今時512ぐらい積んでも安いものでは?)


基本的に私もPIPPIさんと同じ意見です。
ちなみに私は今はK6-2ですが、そろそろ買い換えたくていろいろ調べてます。
枯れきってるA7V133とDuron辺りになりそうです。(今更?)

以下は個人的な偏見↓

intel
安定。 でもi815は512MBまでしかメモリ積めん。最近メモリ安いしね、、、
BXは超安定だけど今更だし、
非intel chipにしたら、Pen買う意味(安定性)無いのでは。
socket370はPen3S-1.2GHz程度まで? ->アップグレードは板ごと。

AMD
速い、安い。でも熱い、キャプチャーできない。
socketAは次期コア(Palo)も使えるらしい。(要BIOS対応。SSE関係は不明)


> 後でPentium III 1GHz とMBを買ってきて手軽にDualCPUができる

後になって新規にdual板と石 買うぐらいならそのとき値の下がった
Pen4と安板に買い変えたほうがコストパフォーマンス良いと思う。
  (dualって そんなに速いんですか?)


かなり偏見 入ってます。
いろいろ突っ込んでもらえれば私も勉強になります。

[10]さやかさんからのコメント(2001年07月17日 01時34分51秒 )
パスワード
みなさん、ありがとうございます〜
ず〜と悩んでいて、みなさまのレスを何回も読み直していました。

やっぱりIntelなんですね。無難な気がしてきました。

>OSは2000お勧め(×ME、△98)
今は98を使用しています。
ソフトとかの互換性ってどんなもんでしょうか?
2000とか使う気がなかったので、ソフトは98対応って書いてある以外
気にしたことがなかったんです。
あっ、2000を勧める理由は何ですか?

[11]xyzさんからのコメント(2001年07月17日 05時26分03秒 )
パスワード
基本的にWin2000は、Win98よりも処理効率がいいです。
理由はとても複雑になるので省略しますけど。
互換性に関しては、非常に特殊なプログラム以外は結構動きます。
特殊なって言うのは、ドライバとゲームが殆どです。

ただし、Win98で問題無いとも思います。
別に安定性は変なドライバ入れなければWin2000と変わりませんし。
無理に移行して問題が出るよりはいいです。

ただ、WDMドライバを使っている機器があるならWin2000を勧めます。

[12]本当かよ?さんからのコメント(2001年07月17日 09時41分30秒 )
パスワード
>ここで、重要なことはインテルチップセットであれば、それが理由による動作不具合
>に遭うことがほとんどないという事実です。

あのー、C3とi810の組み合わせでキャプチャーカードに相性が出たんですけど
これって本当に事実ですか?インテルチップセットをつかってるのに…。

[13]保守人間さんからのコメント(2001年07月17日 09時58分03秒 )
パスワード
ええと、、、言葉のあやかもしれませんが
「殆ど」ですので、100%ないとは思いません。
非インテルチップに比べればそういった問題は少ないということです。

これまで、Pentium-Pro、Pentium-U、Pentium-Vとインテルのプロセッサーは一見進化してきたように見えますが、そのチップセットは440系のままで全く進化の無いまるで”西表ヤマネコ”のようなものに制御されていました。裏を返せば、CPUの速度を速くしたように見せ掛けて、手足はそのままだったという事です。インテルにも事情が有ったとは思いますが、私は”広告宣伝費”にお金を掛け過ぎて、チップセットの開発に予算を回さなかったからだと思います。「インテル入ってる!」と喜んでいる多くのユーザーは見せ掛けのベンチマークで納得し、アプリケーションの実際の実行速度をあまり気にしていなかったと思います。ところが、この様な「殿様商売」がいつまでも続くと思う方が甘いワケで、AMDとVIAがインテルの牙城に”揺さぶり”をかけて来たことにヤッと気が付き、恐らく大慌てをしたと予想されます。
そこで、何を血迷ったのか「VIA MVP4」に向こうを張って、かの悪名高い「810」をウッカリ世に出してしまったんです。この判断は「地球規模の大ボケ」だったんです。

「Intel 810」チップセットは440系バスインタフェースを基本にして、世間から見向きもされなくなった「Intel 740グラフィック・インターフェース」を合体させ、起死回生を狙ったのですが、FSBは100MHzまででした。そんなものはAMD/VIAの世界ではK6-2の段階ですでにクリアし、133MHzから200MHzへ進もうとしていたのです。
勿論、インテルも馬鹿では有りません。それを一気に追い越すために「Intel 820」を計画していたんです。この目玉はFSBを更にアップするためにDDR-RAMを使うことでした。ところが、これが設計上のミスから大失敗となり、一旦出荷しながら回収する羽目になってしまいました。その大失敗とはRAMの速度を自動認識する機能が働かないという致命的なものだったんです。そんなワケで「Intel 820」は離陸直後に自爆して炎上してしまったんです。そこで突然のリリーフ登板となったのが「Intel 815」なんです。(やっと出て来た!)
「Intel 815」チップセットは肩が仕上がっていない”調整中”のリリーフ・ピッチャーですので、何もかもが「中途半端やなぁ〜」という状態だったため、苦肉の策としてAGP信号を外部に出せるようにして、ハイエンド仕様向けのサービスを施したワケです。しかし、これがまた「大ボケ」で、ほとんどのメーカーはチップセット内臓のAGPグラフィック機能を無視して、AGPスロットにGeForce2などの高性能グラフィック・アダプターを取付ける結果となり、インテルの面目を潰す事になりました。しかし、そこはインテル社も素直なもので、恥を承知で新製品「Intel 815EP」という”グラフィック抜き”のチップセットを出すところが可愛いところです。

[14]YJさんからのコメント(2001年07月17日 15時25分45秒 )
パスワード
 i810,i815でトラブルのって、
(1) 内蔵グラフィックを使おうとしている
(2) PCIのLatency Timeを変更できないMB
(3) メモリーの相性

 が多いような気がしますが。

(1) はさすがにi752だったかその辺のビデオ
機能ではまあ仕方がないかなというのと、直に
ビデオドライバーのバージョンアップで対応し
た気がします。
 未だに高解像度でオーバーレイが効かないの
に気づかずに動かないという話をよく見かけま
すが。
(2) これは、時々見かけます。
 CUSL2は、初期のBIOSでLatency Timeが反映
されずにCanopusのビデオキャプチャーカード
と問題を起こしていましたが、BIOSが1002以降
なら大丈夫ですし。
 変更できないAOpenのAX3SProもCanopusのDV
製品は強引にLatency timeを書き換えますし。
(3) これは、安いメモリーとかだと時々見か
けますが、しょうがないですね。どれにでもつ
きものです。

 BXで使えていたものが使えないというのがあ
るのは事実ですが。

 その辺を差し引いても、
ATA100+FSB133というのはBXに比べても充分ア
ドバンテージになります。

 BXマザーを4枚くらい使いましたが、今使って
いるCUSL2が一番使いやすいし安定しています。

 intelチップセットなので、サードパーティに
不具合を訴える際にも有利ですし。

 最近、I-OのDVボードからAthlonの一部チップ
セットが保証からはずれましたし。

 キャプチャーする際、ビデオに戻す際にintel
以外はノイズが載りやすいです。

 PCIを酷使するようなのはダメですし。

[15]elugeさんからのコメント(2001年07月17日 19時07分40秒 )
パスワード
えーっと、まず本題から。
>それで、PVにしようか、Athlonにしようか悩んでいます。

悩むのなら、無難にPentiumIIIにした方がいいですよ。やっぱり、ハード、ソフトなどパソコンを構成するすべてを含めてシステム全体の安定度はどうしてもPentiumIIIの方が上ですから。
メーカー製なので、買ってきたばっかりではPentiumIIIシステムでもAthlonシステムでも相性等は出ないでしょう。ただし、メモリの増設やハードウェアの追加などをやったときに、どうしてもAthlonシステムは相性が出やすいです(PentiumIIIシステムでも、Intelチップセット以外では結構出やすいですが)。
ソフト面でも、PentiumIII有利なところがあります。ソフト内でMMXやSSE(SSEはPalominoの話)の有無を判定するときに、一部のソフトでは「CPUがIntelの○○というCPUならMMX」というように、CPUの種類で判別しているものがあり、Intel以外のCPUでは同等の機能を搭載しているのにソフト側からは使えないということがあります。以前MMXの時にちょっと話題になりましたね。

よって、悩むくらいならPentiumIII。

[16]jetaさんからのコメント(2001年07月17日 19時38分22秒 )
パスワード
普通に使うなら98SEが良いかもしれませんね。
MEはかなり安定性が悪いと聞きました。

98SEならメモリは128で必要十分。
2000にするなら256以上つんでみては。


2000を勧めた理由は 98/ME系は
同時にいろいろアプリを立ち上げてると落ちやすいから。
   (リソース不足問題)

個人的には
最近メモリが安いのでたくさん積むとしたら2000だろうな、と。(笑
Win98/ME系だと128MB以上積んでもあまり意味が無いし。

アプリはちょっと古くてもNTに対応していれば、
2000でも動く可能性が高いです。
あとは、自分のプリンタとか周辺機器のドライバがあるかでしょう。
可能なら98SE/2000デュアルで、、、 (^_^;

[17]98SEは…さんからのコメント(2001年07月17日 20時55分05秒 )
パスワード
LANを使用している場合、SEはあまりよくありません。
よくMEはよくないといわれますが、私が使っている限り特に不具合はありません。
SEからのアップグレードをするとMEが不安定になる傾向がある模様です。

[18]elugeさんからのコメント(2001年07月17日 22時26分16秒 )
パスワード
つぎに、ちょっと突っ込み。

>非インテルチップに比べればそういった問題は少ないということです。
確かにそうですね。なんだかんだいってIntelのチップセットが一番トラブルが少ないです。

>そこで、何を血迷ったのか「VIA MVP4」に向こうを張って、かの悪名高い
>「810」をウッカリ世に出してしまったんです。この判断は「地球規模
>の大ボケ」だったんです。
自作系では確かにi810シリーズの評価は低いです。でも、i810は自作PC向けではなく、メーカー製のパソコンを1ドルでも安く作るためにチップセットにグラフィック機能をつっこんだわけです。このときの(今でもかな?)技術や市場規模を考えると、i740/752相当のグラフィックは、当初の目的からすれば「妥当」であります。
このチップセットのおかげで、今の日本のメーカー製パソコンはスリムタイプになっている割に安く、またその後VIAのProSavage、nVIDIAのnFORCEと後を追っているところを見てもわかるとおり、成功を収めているといってもいいでしょう。

#統合型は、元々はSiSだけどね。ただ、当時はP6シリーズ用はIntel以外に
#作れなかったから。

あくまで、自作の世界では目立たないだけです。i810シリーズは。

>440系バスインタフェースを基本にして
これはP6バスのことですよね。i810はあくまでパソコンを安くしてローエンド市場に食い込むためのチップセットなので、i850みたいにバス変更するわけにはいかないんです。

>起死回生を狙ったのですが、
起死回生といいますか、このときはほんとに成功しましたよ。Celeron+i810のコンビでローエンド市場からK6を追い出しましたからね。

>「Intel 820」を計画していたんです。この目玉はFSBを更にアップするためにDDR-RAMを使うことでした。
i820が対応しているのは、DirectRDRAM(略:DRDRAM)ですよ。
ちなみに計画はi820が先にデビューする予定だったんですよね。DRDRAMの安定性の問題で結果的にi810のデビューが先になったんですが。

>RAMの速度を自動認識する機能が働かないという
これ、確かi815のメモリ互換問題であって、i820+MTHの問題ではないです。i820が抱えたメモリ周りの問題は、
・RIMMスロットが当初の設計通りの3本にすると極度に不安定になり、2本にせざるを得なかった。
・MTHを使ってSDRAMを使うと、ある特定の動作をするとパソコンにリセットがかかる。
だったはずです。

他にも、i815についても結構つっこみたいところなのですが、この辺で。

それにしても、事実ってこんなに歪曲されるものなのですかね。これではメーカーPCの主役i810がかわいそう……

あと、突っ込みではないのですが、

>(3) これは、安いメモリーとかだと時々見かけますが、しょうがないです
>ね。どれにでもつきものです。
 全くです。i440BXでも使えないメモリもありましたし。
 ちなみにi810/815シリーズでi440BXよりもメモリに厳しいのは、i810/i815は、i440シリーズよりもメモリの設定情報(SPD)を厳密に読み込んでいるため、SPDに適当なデータを書き込んだような安物がはじかれるのです。

>BXで使えていたものが使えないというのがあるのは事実ですが。
 メモリに関してはさっき書いたとおりで、PCIデバイスについては、i440シリーズとi8xxシリーズは、ご存じの通りPCIバスがぶら下がる位置が違うのが理由の一つに挙げられます。
 i440シリーズはノースブリッジにPCIバスが直接ぶら下がるのに対し、i8xxシリーズはノースブリッジ(MCH)からは専用のバスがサウスブリッジ(ICH)に、そしてICHからPCIバスがぶら下がる状態になっています。そして、そのMCH-ICH間のバスは、デバイスマネージャから見ればわかるのですがWindowsやPCIデバイスからはPCIバスに見える仕掛けになっています。従って、PCIバスにつながったデバイスは「PCIブリッジ経由」と勘違いしてしまうことがあるのです。
 たまにPCIブリッジ経由だと動かなかったり、警告を出して動きを止めてしまうデバイスがあります。この手のPCIデバイスがi440で動くけどi8xxで動かないってことになります。

>PCIを酷使するようなのはダメですし。
この辺は、やっぱりIntelのチップセットが強いですよね。

[19]xyzさんからのコメント(2001年07月18日 00時01分27秒 )
パスワード
どうでも良い事なんですけどね。

何故、AthlonのFSBが200MHzや266MHzなんですか?
実際は、100MHzのDDR・133MHzのDDRだから、数字ほど速いわけではないんですけど…
と言うより、本当の200MHzよりもず〜〜〜〜っと遅いんですけどね。

Pentium4なら、100MHzのQDRですからFSB400MHzって書いて普通でしょうしね。
今はまだ、Pentium4は100MHzのDDRで動いていると言う情報もありますが。

それと、i810は商業的に成功を収めた事は事実ですよ。
自作市場に出てこないSiSは、最近ではAMDよりも高い評価を受けつつあるのも事実ですし。
SiSは、EV6のチップセット(KT266Proを含む)では最速の製品を持っていますから。

[20]びしょっぷさんからのコメント(2001年07月18日 01時30分43秒 )
パスワード
便乗質問なんですけど、Win2000ってメモリが多い方がいいんでしょうか?
確か、98x系は512MB以上積んでも意味がないとか・・・・。
あれっ?これってチップセットの問題でしたっけ?
(頭が混乱しています(^^;)

[21]PIPPIさんからのコメント(2001年07月18日 01時44分36秒 )
パスワード
ちょっと OSについてコメント

安定性等を考えるとWindows2000が良いのですが・・・
さやかさんの用途では、Windows2000だけというのは,
あまりお勧めできません。
用途で,音楽DVDを鑑賞とありますが、
DVDはAC-3対応のものではないでしょうか(?)
(音声が2chのものであれば、Windows2000でも問題ありませんが)

Windows2000ではSB LiveはAC-3出力ができません。


[22]PIPPIさんからのコメント(2001年07月18日 02時31分42秒 )
パスワード
Windows2000で不可なのはAC-3出力ではなくてAC-3パススルー出力です。
失礼しました。

[23]YJさんからのコメント(2001年07月18日 02時44分25秒 )
パスワード
 Win98系は結局コンベンショナルメモリーの呪縛から
抜け出せていないので、多くのメモリーを積んでも
使いこなせないというようにいわれていますが、
レタッチと動画のエンコードではメモリーは積めるだけ
積んだ方が快適になります。

 単一のソフトで平気で128MB以上のメモリーを消費し
ますから。
 レタッチはメモリーがあればあるほど快適になります。
 扱えるサイズ、レイヤー数、レイヤーの上下を変更し
た際の再描画(スワップが起きるようでは遅くてやって
られません)等々メリットがないわけではありません。

 ただ、768MB以上Win98系で積むとまずいんでしたっけ?
 i815E Step-Bに512MB+Win98SE当たりをお勧めしま
すけど。

[24]さやかさんからのコメント(2001年07月18日 15時08分31秒 )
パスワード
みなさん、色々ありがとうございました。
結局、PVを注文しました(^-^)

しかし、みなさん、本当に詳しいですね〜

[25]てすとさんからのコメント(2001年07月18日 19時04分19秒 )
パスワード
ネタなんだろうから、突っ込んじゃカワイソウでしょ〜とか思うのだけども(^^;

一つだけ。

>#統合型は、元々はSiSだけどね。ただ、当時はP6シリーズ用はIntel以外に
>#作れなかったから。

そんな事は無くて、P6向けはSiS620の方が登場が先(4ヶ月ぐらい先行)です(^^;
その時期のセレロン向けintelチップセットは440ZXだったりします(^^;;;
ああ、セレロンの低価格攻勢でK6-2のシェアがどんどん減っていった時期が
懐かしい〜?

例えば、秋葉出現はSiS620チップセットが1999/01、i810のサンプル展示開始が1999/05です。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/990130/etc.html
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/990515/etc.html

IntelとのP6バスに関するクロスライセンス契約の発表がSiSの場合は
1999/01/25です。
ま、i810の場合はi820のゴタゴタに巻き込まれて遅れたってのもありますね(^^;

SiS620当時から、OEM向けとしてはSiSは高い評価と実績があります。
ただ、AGPが無かったから自作向けには…PCIの転送能力も低めだしね…(^^;

[26]elugeさんからのコメント(2001年07月18日 20時18分53秒 )
パスワード
> そんな事は無くて、P6向けはSiS620の方が
あぁっ、ごめんなさい。そーいえばSiS620がいました……忘れてました。ごめんなさい。

> その時期のセレロン向けintelチップセットは440ZXだったりします(^^;;;
うぉっ、懐かしいですね。i440ZX=i440BXのシルク印刷変更版と噂された時期が懐かしいです(^^;)

> SiS620当時から、OEM向けとしてはSiSは高い評価と実績があります。
これはホントにそうですよね。安い上にそこそこ速いし、ワンチップだから省スペース。
最近はNorth-South間バス(チップの中でだけど)が激速らしく、AGPも外付けできて自作派にも注目されてるようですね。

> Win2000ってメモリが多い方がいいんでしょうか?
Windows2000は、Windows9xと違ってメモリを増やすとディスクキャッシュばかり増えるといったことにはなりません。またメモリ管理機能が根本的に違っているので、基本的に多ければ多いほど良いと考えてもいいでしょう。
#もちろん、必要以上に積めばお金が……(^^;)

> 確か、98x系は512MB以上積んでも意味がないとか・・・・。
Windows9x系はメモリを大量に積むと先ほどの通りディスクキャッシュばかり増えるし、メモリの管理も無駄が多いので、3DCGなどをやらない限りは256MB以上あっても無駄でしょう。

> あれっ?これってチップセットの問題でしたっけ?
「積んでも意味がない」というのは、「積んでも単なる無駄遣い」というのならOSの問題で、「積んでも○○MB以上は認識されない」とか、「○○MB以上積んだら動かない」というのならチップセットの問題です(実際にチップセットの限界までメモリを積んだことがないから、どういう症状になるのかはわかりません。知ってる人は教えてください)。

たとえば、i815の場合はチップセットの最大メモリ容量は512MBですし、ApolloPro 133Aは1.5GB(中途半端(^^;)、i850の場合は2GBになります。



[27]VIAO好きです。さんからのコメント(2001年07月21日 03時02分44秒 )
パスワード
>用途はWeb、デジカメのレタッチ、ワープロ、表計算、など。
>ゲームはしません。
>あと、DVDを使用します(映画ではなく、音楽DVDの鑑賞)

VAIOにすれば、問題解決。

 【 Winユーザの部屋 一覧に戻る


下関自動車整備協同組合 日本歯科薬品株式会社 株式会社大庭工務店


この投稿に対するコメント
コメント:

HTMLタグは使えません。改行は反映されます。
http://xxx.xxx/xxx/xxx や xxx@xxx.xxx のように記述すると自動的にリンクがはられます。

お名前:(省略不可)
削除用パスワード:(省略不可8文字以内)
メールアドレス:(省略不可)
URLアドレス:
 ホームページをお持ちの方のみ、そのURLアドレスを記入してください。



チップス

Copyright(C) 2000 Tips. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.20 by Rapha.