Winユーザの部屋一覧に戻る
投稿番号:46693 投稿日:2000年03月10日 03時06分38秒  パスワード
お名前:Ali
 

HDDアクセスでフリ−ズ (T_T)

キーワード:HDD フリーズ

コメントの種類:トラブル相談


非常にヤバく、かつ、どうしようもない状態なので、皆様お知恵を拝借ください。
症状は、HDDアクセス時に、不定期に突然フリーズするというものです。
リセットスイッチしか受け付けなくなります。
ウイルススキャンやR焼きでもこけるので洒落になりません。困ったものです
(特にR焼きでこけやすいです…
まぁ、アクセスしっぱなしだから症状が表面化しやすいといえば
当然といえば当然かもしれません)。

ちなみにマシンは、
MB:P3B-F Rev1.04(BIOS Rev1004)
CPU:P!!!600E@800
HDD:DJNA352500&DJNA352030
U-ATA66:I'will SIDE Pro 66
MEMORY:ノーブランドPC100-CL2(128x2)を3-3-3で使用

…といったところです。
HDD増設したあたりか、U-ATA66にしたあたりからおかしくなったと
記憶しているのですが、すでによくわからなくなっています。
それ以前でも凍ることはあったし、定格動作でも凍ってしまうので…。

まず問題なく動作していたこともあったので、クヤシサもひとしおです。
皆様のアドバイスをお願いいたします (T_T)


湯口さんからのコメント(2000年03月10日 04時26分03秒)
           パスワード

HDDのベンチンマークをとってみて下さい。
正常と思われる値が出ますか?

いずれにしても、潔くDMA66を止めるのが良いかもしれませんね。
DMA33でも、実質1〜2割位しか変わらないのですから。

Aliさんからのコメント(2000年03月10日 05時30分06秒)
           パスワード


湯口さんへ

HDDベンチは、まだとっていないのですが、
SIDE Pro 66はずしたら、とりあえずRは焼けました。(590MB程度で連続3枚)
ここ最近の悪夢が嘘のようです。1枚焼ければいいほうで、イメージ作成中か2枚目の途中で
止まるのが最近のパターンだったんですよ。

ところでFSB133でPCI33なら、MBのIDEに直接HDDつないでも問題ないですよね?
高FSBでHDD使うと壊れるって聞いたことがあるのですが、PCIが40とか超すとまずいってことですか?
そのあたりが、まだいまいち飲み込めていないので、御教授願います。

また、66カードは見捨てましょうということですよね…?
何とか使ってやりたいけど、MB直結の方がなんだかMPEGの再生もなめらかだったんで、
これはどうなってるのかなと思っています。

SCSIとかはともかく、余計なものは付けないが吉ということでしょうか?
確かに66カードの効果には怪しいものがありますが…。
(実際HDDがその速度を活かしきれてなければ33でも充分なわけですよね?)

マグマグドライさんからのコメント(2000年03月10日 08時24分29秒)
           パスワード

こんにちは、Aliさん。先日はお世話になりました。

>高FSBでHDD使うと壊れるって聞いたことがあるのですが
DMA転送モードにしているとRead/Writeが高速ですが、高FSBでHDDの
データが壊れることがあります。
わたしは、一度データドライブがぐしゃぐしゃになりました。

Susinekoさんからのコメント(2000年03月10日 08時34分03秒)
           パスワード

とりあえずオーバークロック止めたらどうでしょう?(笑)

ブルボンさんからのコメント(2000年03月10日 12時19分05秒)
           パスワード

どうも、SidePro66ユーザの、ブルボンです。

まず、DJNAに限らず、静音系のHDDに37MHzとか掛けると、不安定を通り越して、壊れる率が高いそうです。
静音系HDD+PCIクロックアップの両立のためには、プロミスのジェネレータ搭載カードが吉です。

というより、40MHzでも動いてしまったら、決してラッキーとかではなく、
あの日、駆け込み乗車で、日比谷線の最後尾車両に乗ってしまった方々のようです。

ダメな*SidePro66ユーザの正しい姿は、(*注:「ダメな」は「ユーザ」に懸かります)
おもむろにPCカバーを外して、HPT366(JAPAN)チップを眺めながら、

「チップは日本製だもんね、ヘヘン。」とつぶやいて、しばし悦に浸ることです。
それと合言葉は、「プロミス?サラ金だったっけ?」でしょう。

#余談ですが、先日秋葉原の中古の出物で、ATA66ケーブル2本パックが1000円だったので、
これを購入したところ、後で気付いたのですが、なんとHOTROD(HPT366)が同梱されていました。
SidePro66ユーザとしては、なにか試したい、複雑な心境です。

湯口さんからのコメント(2000年03月10日 15時58分45秒)
           パスワード

> MB直結の方がなんだかMPEGの再生もなめらかだったんで、

この症状から察するにSIDE Pro 66がまともに動作していないのは明白ですね。
まずはPCIスロットに指す順番を変えてみるのが基本です。

> ところでFSB133でPCI33なら、MBのIDEに直接HDDつないでも問題ないですよね?
問題ないはずです。

> 高FSBでHDD使うと壊れるって聞いたことがあるのですが、PCIが40とか超すとまずいってことですか?
私は37MHz:DMA33でほとんどアクセス不能になりました。当然データも飛びました。
#この事はこの掲示板に何回書いたか分かりませんが、ケーブルにフェライトコアを付けると耐性がアップします。

それから・・・まさかと思いますが、ケーブルはATA66用のものを使っていますか?
ATA66は、ATA33とはケーブルが異なります。(全ての信号線の間にGNDが入っているんでしたっけ?)

ブルボンさんからのコメント(2000年03月10日 16時38分48秒)
           パスワード

どうも、スレッドを読み直してみた、ブルボンです。
現在のPCIクロックは、33と言うことですね。

> それ以前でも凍ることはあったし、定格動作でも凍ってしまうので

DJNAのFDISKは、どのようにされましたかね?
SidePro66につないでから、FDISK かけないと、ブートエリアに不具合が出ます。

また、FDISKで領域確保時に、いきなり100%の確保をすると、おかしくなるドライブもあるようです。
パーティションツールを使った経緯があるなら、必ず FDISK /MBR して、再起動して、FDISKやり直しです。

ただ、オンボードIDEのほうが安定しているようだと、PCIスロットの電圧が足りないとか、
そのココロは、搭載しているメモリのチップ数が多すぎるとか、多くの問題が、山積みかもしれません。

また、SideProのドライババージョンは、いくつでしょう?1.10をお使いでしたら、1.22をお奨めします。
http://www.highpoint-tech.com/
大容量ファイル転送時の不具合が改修されています。

Aliさんからのコメント(2000年03月11日 06時23分34秒)
           パスワード

うぅ…湯口さんはじめみなさんありがとうございます。
とりあえず66は外して使っています(カードは刺さりっぱなし)。
もう一度マシンの状態を見直してみると…書き出すべき点は、
メモリ:チップが8個のものと16個のものが混在。ただしメーカーは同一の様です。
PCI:上から…空き、SCSI(AHA-2930U)、SBLive!、空き、SIDE Pro 66、コムズリンク(ISA)
PCIクロック:33  I/O電圧:3.45v  IDEケーブル:U-ATA66用80線
SIDE Proのドライバver.:1.21(1.21.112099ってなってます)(?)

…で、凍るときは定格でQOH'99のデモをループさせていても暗転時(読み込み)で凍ってしまいます。
だいたい30分ともちません。ってことは、データの大小も関係ないらしいです。
一応現在はMB直結(FSB133・PCI33でDMA33)で安定しているように見えます
(とりあえず3時間はデモが回ったところを見ると、です。Rも焼けているし)。
あ、PCI40でMBのIDEなんて、こわくてつなげないです…
やっぱり壊れるものなんですね(^^;
SP66付けてからFDISCもやったんですが、だめですねぇ…打つ手はあるのだろーか?

マグマグドライさん、先日はこちらこそ、ありがとうございます。
>DMA転送モードにしているとRead/Writeが高速ですが、高FSBでHDDの
>データが壊れることがあります。
これってPCIが33でも、FSB自体が高いと発生する、ということですか?

ブルボンさん、SP66ドライバ情報、ありがとうがざいます。
>というより、40MHzでも動いてしまったら、決してラッキーとかではなく、
>あの日、駆け込み乗車で、日比谷線の最後尾車両に乗ってしまった方々のようです。
洒落にならないけど、そんなカンジですね。
>静音系HDD+PCIクロックアップの両立のためには、プロミスのジェネレータ搭載カードが吉です。
やはりこれしか、『66で』という道はないのでしょうか…?

66で使えるのか、あきらめるべきなのか、わからなくなってきました…。
でもSP66でまともに動いてる方も大勢いるわけで。
とりあえず、最新のドライバを入れて、またチェックしてみます。

マグマグドライさんからのコメント(2000年03月11日 07時21分11秒)
           パスワード

>これってPCIが33でも、FSB自体が高いと発生する、ということですか?
いえ、PCIがオーバークロック状態になったときの話です。

xyzさんからのコメント(2000年03月12日 07時01分10秒)
           パスワード

でも、PCI2.1って37MHzまでの動作保証がありませんでしたっけ?
よく覚えていないんで、ハッキリと断言できないですけど…

Aliさんからのコメント(2000年03月12日 09時00分43秒)
           パスワード

マグマグドライさん、ありがとうございます。
MBのIDE使うのに安心できました! SETTEN、試してみてくださいね(笑)。

ブルボンさん、HPTのドライバ、1.22いれたけどダメでした…残念です。
まさか相性ってことは…?ですよね。
こんどお金たまったらプロミスULTRA66買ってみます。
ていうかプロミスで借りて買えって?(笑えない…)
SP66は友人の家に遊びに行った際に、
不法投棄してプゲらせてやろうと企んでおります(苦笑)。
それしか使い道が思いつかない…。かえすがえすも残念。
ところで、かとまい500@600で使用していたとき、
FSB120のPCI40だったのですが、SP66を経由させていたのでHDDが無事だった…
と考えると、そう云う意味では役には立っていたのでしょうか?

とりあえずHDDアクセスによるフリーズは回避できました。
アドバイスくださった皆様、ありがとうございます。

マグマグドライさんからのコメント(2000年03月12日 09時48分36秒)
           パスワード

Aliさんへ
SETTEN試しました。(PCパーツ屋に、偶然ありました)
同様の効果がありました。
教えていただき、どうも、ありがとうございました。

マグマグドライさんからのコメント(2000年03月12日 21時09分46秒)
           パスワード

もう見てないかもしれませんが・・
>HDDアクセス時に、不定期に突然フリーズ

ドライバ、ケーブル、その他問題ないとしたら、ブルボンさんがおっしゃってる、
>オンボードIDEのほうが安定しているようだと、PCIスロットの電圧が足りないとか
というのがちょっと気になりました。

メモリを1本にして、FSB定格で、最小構成でやってみて、うまくいくようになれば、
供給電力不足かもしれません。
ATX電源容量の不足か、MB上のPCI電源不足かはわかりません。
うまくいくようになったからといって、今回の問題の解決にはなりませんが、
原因がはっきりするかもしれないかと思います。

--
プロミスULTRA66買う前に、やってみたほうが良いかも。

Aliさんからのコメント(2000年03月12日 22時43分52秒)
           パスワード

マグマグドライさんへ
>メモリを1本にして、FSB定格で、最小構成でやってみて、うまくいくようになれば、
>供給電力不足かもしれません。
これはまだやっていませんが…
ブルボンさんがおっしゃっているとおり、電圧不足の可能性も無視できないです。
考えてみれば、その他にもFDDにDVD、なぜかRとRWが内蔵で一機ずつ、
SB Live!のLiveDRIVE2も要電源だし、USBの入力物がてんこもりで刺さってる…
(マウスとかキーボード、コントロールパッドなど)。
ちなみに電源は250Wというケースを選択したのですが、足りないかな…。
電源は考えてなかったです…甘かったですね(T-T)。
とりあえず今の環境で連続稼動とかやって、もう一度見なおしてみます。



この投稿に対するコメント

コメント:HTMLタグは使えません。改行は反映されます。


お名前:(省略不可)

削除用パスワード:(省略不可8文字以内)

メールアドレス:(省略不可)

URLアドレス:
 ホームページをお持ちの方のみ、そのURLアドレスを記入してください。



Copyright(C) 2000 Tips. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.10